悪質・強引な勧誘に注意!脱毛サロンの勧誘への対処法

全国展開している大手の脱毛サロンを徹底比較!口コミで評価が高い人気脱毛サロンの料金や全身脱毛コースを比べましたので各サロンのメリットとデメリットが明らかに!脱毛サロンを選ぶポイントとしてお役立てください。

悪質・強引な勧誘に注意!脱毛サロンの勧誘への対処法

      2017/05/31

勧誘された表情脱毛サロンと聞くと、勧誘があるんじゃないかと思う女性は多いのではないでしょうか。
事実、しつこいくらいに入会を勧めてきたり、高いコースを勧めてくるエステサロンは存在しています。

昔よりは遥かに改善されたといえますが、それでも強引な勧誘、あるいは悪質な勧誘が、一部の脱毛サロンで行われていることは事実です。

どうしてそのようにしつこく勧誘するのかというと

その店全体の利益向上を図る目的もありますが、多くの場合、従業員ひとりひとりにノルマが課せられているのではないかと思います。

月単位で、最低5人は入会させなさいとか、あるいは無料カウンセリングに来た客は全員、何がなんでも入会させなさいとか、そういった感じですね。
話すのがうまい人は、自分の店がいかに良いところかを説明するだけで、それなりの成果を挙げられます。

しかし説明することが苦手な人や、料金プランをうまく説明できていない人もいるでしょう。
そのような人が、客にしつこく勧誘してしまうのです。

いずれにせよ、そのような勧誘行為は利用者にとってマイナスでしかありません。
ただただ不愉快ですし、断るのにも気を遣いますし、密室に二人きりという状況で入会を勧められるのですから、気の小さな人ははっきり断れず、つい流されてしまうといったこともあるかもしれません。
他のサロンと比較する間もなく、そのサロンに通うことになり、結果失敗してしまうということもあるでしょう。

同じサロンでも、スタッフによって勧誘する言葉や押しの強さは違うと思います。

口コミには、どこのサロンも「勧誘してくる」という内容の書き込みを見ますが、すべてのスタッフがしつこく勧誘してくるってわけでもないんですよね。

脱毛サロンやクリニックなどの全身脱毛コースは、かなり人気が高いですよね。 値段も以前よりリーズナブルなコースが多く、機器類も進化しているので効果もアップしています。 でも、

しかし脱毛サロンには未だに「強引な勧誘」というものは残っているのであり、利用者はそのような目に遭うことを想定して無料カウンセリングを受けなければなりません。
では、そのような勧誘行為にはどのように対処すればよいのでしょうか。

勧誘行為への対処法

脱毛サロンに通う前には、クチコミを参照するのが吉です。

これは「脱毛サロンの選び方」に詳しく書きましたが、口コミには勧誘の有無を含め様々な情報が書き込まれています。

しかし、地方に住んでいる方だと、近くに地域にしかない小さなサロンそれほど広くチェーン展開しているわけではないお店もあるでしょう。
そういった店の口コミは中々集まらないため、勧誘が行われているのかどうか、判断がつかない場合もあります。

ではそのようなときに、どうすべきか。
以下にポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。

勧誘され、断ることを想定する

勧誘を断る

最も簡単で、確実なのは、勧誘を受けてもきっぱりと断るということです。

密室に二人きりだと、何かの勧誘を受けたとき、確かにそれを断りにくいものです。

その人間の心理を利用した悪質商法もあります。

「実はこの壷、非常に値打ちのあるものでして、今なら100万円で――」なんて商売ですね。
そういった誘いを受けたときに、最終的に頼れるのは自分しかいないのです。

たった五文字、「いりません」と言うだけです。

ただそれを繰り返していれば相手は諦めてくれるのですから、気の小さな人でも実践できるのではないでしょうか。
もし自分が勧誘を受けたらどうするか、それをイメージして、断る練習をしてみてください。

もし、きっぱりと断るのは難しいと思ったら、別の言い方をすればいいのです。

勧誘を受けたら「はい。前向きに検討します。ただちょっとお金の問題があるので、一度持ち帰ってもいいですかね」などと言いましょう。
入会するということを匂わせれば、相手も攻勢を弱めると思います。

それでも「いや、今サインしてくださいよ~」なんて勧誘を受けたら、やはりきっぱり断るしかないんですけれどね。
一応、そういうやり方もあるというのを覚えておいてください。

万が一契約してしまったとしても一定期間内であれば無条件で契約を解除するクーリングオフという制度があるので、一度帰宅してからすぐに解約する旨を伝えたら全額返金されるので安心してくださいね。

クーリングオフについてクーリング・オフって何?(見守り情報)_国民生活センターを御覧ください。

そのサロンが信用できるかどうかを見る

こうすれば大丈夫脱毛サロンのWebサイトは、サロンごとに顕著な違いがあります。

料金プラン等を親切に説明しているところもあれば、そうでないところもあります。

「全身脱毛○○○円」と書いてあるだけで、そのプランは本当に顔を含む全身を脱毛できるのか、いったいそれは脱毛何回でいくらなのか月謝制なのかそれとも違うのか、そういった情報を明かしていないサロンは結構あるんですよね。

利用者に知らされるべき情報が何故、開示されていないのかというと、要するにそれらのサロンは「詳しいことは無料カウンセリングで聞いてください」と言っているわけです。

中には、カウンセリングにさえ来てもらえれば自慢の強引な勧誘で入会させることができるだろう、しめしめ、と思っているところもあるでしょう。
そのサロンの公式サイトで、利用者が知らされて当然の情報が明かされているかどうか、必ず確認するようにしてください。

ちょっと怪しいと思ったら、次の項に紹介するように、電話で訊けることは電話で訊いてしまえばいいのです。

電話で訊けることは電話で

どんな脱毛サロンでも、問い合わせは設置されていますので、その番号に電話をかけて、料金プラン等すぐに回答を得られるであろうことは訊いてしまうのもひとつの手です。

その電話口で、どこどこの部位を脱毛したいんですけど、毛深くて――といった相談をし始めるのはよくないですが、料金やサイトを見ていてもわからなかった部分を質問することにはなんら問題はないはずです。

こうすれば、少なくとも、自分がその脱毛サロンについてよく知らない状態で勧誘を受けるということは避けられますよね。

電話なら気軽にできるでしょうし、特に気の小さな人は電話するのが良いでしょう。

そのサロンの料金プランを把握しておく

前項と被るところではありますが、そのサロンの料金プランをきちんと把握しておくことは非常に大切なことです。
というのも、勧誘には様々なやり方があるからです。

たとえば料金プランA、B、Cがあったとします。

無料カウンセリングにやってきた女性客は、全身脱毛を望んでいる。
その場合、Aプランが一番お得であるとしたとき、悪質なサロンの従業員は、コース内容がほぼ同じで、しかし料金の高い「プランB、Cしか紹介しない」といった勧誘をすることもあるのです。

実際にはプランAというお得なコースが設定されているのに、それを紹介しない、口に出さない、そして結果的により高額なプランB、Cに入会させるといった勧誘の仕方もあるんですね。

利用者は、プランAの情報を知らなければ、B、Cへの入会を余儀なくされます。

こういったことがあるので、そのサロンのコース内容及び料金を把握しておくことはきわめて重要なことなんですね。
最近はしつこい勧誘すると、すぐにネットに書き込みされることもあり、勧誘するエステサロンは少なくなっています。またクーリングオフ制度もあるので、安心してカウンセリングを受けてみてください。

 - 脱毛に関する知識